« ネクタイ族 | トップページ | スーパーマンの話 »

2005年4月22日 (金)

コンビニの接客について

最近、流風が接する店でのコンビニの接客が悪化している。コンビニは接客がもともとあまりよくないということだったが、昨年当たりから各社とも力を入れたのか、改善していた。しかし、今月ぐらいから接客の悪化が見られる。

理由ははっきりとはわからないが、人の入れ替えがあったからと推定できる。各社はもう一度、見直しが必要だろう。パート・アルバイトに頼っているコンビニは、各社共に期が変わると、こういった事態は生じやすい。

コンビニでの接客のポイントは一般の物販店同様、最低限以下のことが求められる。

 一  店員同士の私語がお客様の前でなされていないか。

 二  店員の待機の仕方に問題はないか

 三  店内は美しく保たれているか

 四  お客様の目を見て、元気良く、声をかけているか

 五  店員に笑顔はあるか

 六  お客様に気配りがなされているか

 七  お客様を待たせないように配慮しているか

 八  お客様に対応できていないシステムは会社に提案できているか。

接客ということは、基本が維持できているかどうか、に尽きる。店員は少し気を抜くと、お客様に不愉快な思いをさせる。当たり前のことを当たり前にやり続けることは簡単なようで難しい。

物販業は接客の人材に多くの成果を頼っている。しっかりした人材教育・訓練はパート・アルバイトに対しても求められる。コンビニの競争は激化している。基本に確かなところだけが生き残るだろう。

|

« ネクタイ族 | トップページ | スーパーマンの話 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/3809296

この記事へのトラックバック一覧です: コンビニの接客について:

« ネクタイ族 | トップページ | スーパーマンの話 »