トップページ | 並ぶということ »

2005年4月15日 (金)

日々の風

私、流風が最近感じていることを、ちょこちょこと記していきます。

桜も満開、まもなく毛虫がいっぱいの時期に来ました。美しいものには棘がありますが、本当にそうですね。毛虫は棘ではないかもしれないが。

とは言いながら、良い季節です。散歩も苦にならなくなりましたが、スポーツ嫌いの流風にとっては、一日一万歩はなかなかです。

また、食もおいしい季節になり、レストランも彩が豊かになってきた。あるレストランでは、健康をテーマに彩りよく多くの料理が提供されていたが、そういうものがおいしく感じる季節でもあります。BSEとかいろいろ騒いでいますが、私たちはそんなに牛肉を必要としているか、疑問ですね。牛肉が無くても、おいしい料理は提供できます。外食産業は大きな誤解をしているように感じます。

あれ、いきなり、大きな話になってきた。でも、風を感じることは大切ですよね。仕事をしていると、どうしても周囲が見えなくなるのは困ったことです。流れを感じて、流れに流されず。とは言っても、簡単ではないけれども、期待してしまいます。

本日はここまで。

|

トップページ | 並ぶということ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/3708526

この記事へのトラックバック一覧です: 日々の風:

トップページ | 並ぶということ »