« 神戸まつりレポート? | トップページ | 村上華岳展 »

2005年5月16日 (月)

サマータイム法案

環境問題やエネルギー問題絡みで、サマータイム法案が検討されているらしい。しかし、早寝早起きの流風に関しては、まったく関係ないといってよい。朝、明けてきたら起きるし、暗くなってきたら寝る。超原始人的生活を送っていれば、どうということはない。

だいたい今の日本人は、起きるのが遅く、寝るのも遅い。朝早い国は栄えるというが、朝遅い国は栄えた例がない。流風の子供の頃は、朝6時に起きると、母はすでに起きており、一仕事を終えていた。父は通勤にそんなに時間がかからないのに、すでに出かけていた。近所も同様で、4時にはすでに光が煌々としていた。

それが現在では、周辺の家は6時になっても、明かりが点くのは数件にも満たない。7時になっても同様。一体何時に起きるのか。こういう事態だから、国が仕方のないことを考えるのだ。

別にサマータイム法案が出来なくても、企業は始業時間を7時にして、終業時間を4時にしたら、企業も個人も、もっといろんなことが出来るのではないか。そういう可能性を探って欲しい。現在は始業時間が遅すぎるし、国に言われたから変更するのでは、あまりにもお粗末すぎる。

さて、皆様は何時に起きて、何時に寝ますか。

|

« 神戸まつりレポート? | トップページ | 村上華岳展 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/4155216

この記事へのトラックバック一覧です: サマータイム法案:

« 神戸まつりレポート? | トップページ | 村上華岳展 »