« イエスマン | トップページ | 女性のブランド信仰と環境問題 »

2005年5月 8日 (日)

騒々しい社会とマスコミ

JR福知山線の事故で多くの方が亡くなったことは大変痛ましい。まず亡くなった方々のご冥福をお祈りしたい。またお怪我をされた方々の早期の回復を望みたい。

ただ今回の事故関連の報道で感じたことを若干申し述べたい。それは、この事故関連のニュースで、やや本質と違ったところで騒ぎすぎたように思う。例えば、事故当日、他の部門のものがゴルフに行っていたとか、ボーリングに行っていたとか、を問題にする(同じ事故車輌に乗っていた関係者が2名、事故現場を離れたことは追求されて当然だが)。不謹慎だとか、それが事故を起こした体質であるかのように。ややナイーブ過ぎる。

そしてトップに謝罪を求め、マスコミは鬼の首を取ったように歓喜している。確かにJRは社内広報面での危機管理が不足していたことは事実ではあるが、それが事故と直接どんな関係があるのか、疑問である。

もちろん部門の責任者とか、トップであれば、ゴルフをしていれば、それを中止して、引き揚げればなければならない。以前、国のトップが、災害情報を把握したのにゴルフを継続していたのは大きな過ちだったと、流風も思う。

さて、一般に我々日本人は事故以外の現象面から本質を把握しようとするが、本来、事故の本質は何だったのか、を追及しなけはればならない。そうすることによって、二度と事故を起こさないようにする必要がある。

マスコミや一般国民はまず、利用者の視点で、なぜ事故が起こったのか、を考えなければならない。マスコミはそういう一般国民の視点を話し合える場を作ることが求められる。他国からよく言われるように、日本人の一般国民は非常に優秀なのだ。国民の知恵を集約して、事故当事者とコミュニケーションするのがマスコミの役割ではないか。

神経質に騒ぎ立てるだけが能ではないと思う。そんなことをしていては、亡くなった方々も浮かばれない。二度と事故を起こさないようにするのは、JRの仕事(社風の改革、安全と効率のバランス、運用システムの改善、組織改革、社員教育、危機管理等々)ではあるが、一般の我々もなぜそうなったか、を考えることが求められているのである。そのため、マスコミはもう少し踏み込んだ役割を果たして欲しい。

|

« イエスマン | トップページ | 女性のブランド信仰と環境問題 »

マスコミ評論及び各種書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/4033674

この記事へのトラックバック一覧です: 騒々しい社会とマスコミ:

« イエスマン | トップページ | 女性のブランド信仰と環境問題 »