« 蜂蜜 | トップページ | 国の借金の行方と郵政民営化 »

2005年7月 5日 (火)

飲食店のマニュアル対応

あるファストフード店にコーヒーを飲みに行ったら、出てきたのはお爺さんだった。オオッー。以前、別のファストフード店におばさんが出てきた時も少し驚いたが、今回はやや衝撃的。ファストフード店にも高齢化の波か。

まぁいいかと思って、対応を見ていると、どこかぎこちない(以前のおばさんの時もぎこちなかったけどね)。マニュアル通り言おうとしているのか、照れくさいのか、ブツブツ。聞こえないよ。仕方なく、無視して注文すると、コーヒーは出てくるが、お決まりの挨拶も無い。

流風はこういったファストフード店で、お決まりのマニュアル挨拶をされるのを苦手としていたが、これさえも十分でなければ、ちょっと不満。サービスレベルをここまで落としてよいものやら。

あまり、はやっていないのかしれないが、人件費を落としたらからといって、儲かるかどうか怪しい。採算が合わなくなると、経費を落として無理やり数字を合わせようとするんだよね。

飲食店の皆様、人の振り見て我が振りなおせ、とは言うけれど、自店のサービスをもう一度、念のため点検されたらと思います。宜しくね。

|

« 蜂蜜 | トップページ | 国の借金の行方と郵政民営化 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/4840084

この記事へのトラックバック一覧です: 飲食店のマニュアル対応:

« 蜂蜜 | トップページ | 国の借金の行方と郵政民営化 »