« 子供に継がせるということ | トップページ | 防災の日 »

2005年8月31日 (水)

医療事故を考える

最近は医療事故の報道は減っているが、実態はそうでもないらしい。モノづくりでも製造ミスがあるように、人間のやることだから、医療の現場でもミスが起こる。ただ人の命に関わることなので、その持つ意味は大きい。

ただ私達患者側も彼等に任せるだけでなく、もっと医療行為(方法とプロセス)にもっと関心を持つべきだろう。特にそのプロセスに関しては、患者側も関与して改善させるべきなのだ。そこで、今回一般人の視点で、医療事故に関して、若干整理してみた。私達はあまりにも、その点について不明確な知識しか持ち合わせていないからだ。まず医療事故の持つ意味についてあらためて少し調べてみた。

●『医療事故(アクシデント)』とは、

1  患者が本来持っていた疾病や体質などの基礎的条件によるものを除き、医療にかかる場所での全過程において発生した患者に傷害を及ぼした事象を指す。

2  医療事故には医者側に過失がある場合とそうでない場合がある、とされている。

●そして、『医療事故のレベル』としては、大きく三つに分けられる。すなわち、

レベル1
 事故のために予測しなかった、もしくは予期していたものを上回る濃厚な処置や治療の必要性が生じた場合。

レベル2
事故のために予期しなかった、もしくは予期していたものを上回る永続的な障害や後遺症が残り、有意な機能障害を伴う場合。

レベル3
 事故が死因となる場合(原疾患の自然経過によるものを除く)

人間という生き物を対象とした医療行為は、ある意味、未知数のことが起こりうるということだろう。もちろん、そういうことを最小限に食い止める努力が医療機関に求められる。昔は医者は何人か殺さないと一人前になれないとよく言われた。今では公然とそういうことは言うことはできないが、そういう部分も先端医療活動では起こりうるかもしれない。

ただある調査によると、医療事故の43%程度はケアレスミスということだ。ということは、この部分は方法やビジネスプロセスの改善によって、無くすことが可能ということだ。こういうことは、当然医療関係者も努力されているだろうが、患者側の私達も提言できるなら、した方が良い。

私達は誰でもそうだが、忙しすぎると、そのことを処理するのに手一杯で、重要なことが置き去りになりがちだ。今までやっている方法やプロセスがベストとは言えないことはたくさんあるはずである。医療関係者は失敗をオープンにして、風通しのよい柔軟な組織作りをしてもらいたい。そうすれば、医療事故は削減できるはずだ。公表を恐れるべきではない。むしろ、それを逆に組織活動に活かすべきなのだ。

なお、最近報道された手術中に患者をなぐる行為は医療事故とは言えない。それは医師の人間性に関わることなのである。そういった医師は医師には向いていないことを知るべきだろう。さっさと退出されたい。

|

« 子供に継がせるということ | トップページ | 防災の日 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/5722617

この記事へのトラックバック一覧です: 医療事故を考える:

« 子供に継がせるということ | トップページ | 防災の日 »