« 名前の重要性 | トップページ | 大きな声 »

2005年9月21日 (水)

米国産牛肉は必要か

流風は牛肉を毎月そんなに頂く方ではないが、これからはすき焼きがおいしくなる時期である。牛肉はだいぶん値上がりしているようだが、信用のある店で、少し高くても安全性のある方を選ぶ。

ところで米国の圧力で、BSEの検査対象が全頭検査から20ヶ月月齢に変更されたようだ。一部の学者の方々は食物に絶対の安全はないのだから、それで十分だとか言われているが、いまいち信用できない。特に御用学者の場合。コストはかかっても全頭検査して欲しい。

米国産牛肉なんて全く信用できないから、輸入されても買うことはないだろう。外食産業でそれを使うようだったら、多くの人々は、そこは多分利用しないだろう。BSEは日本人の遺伝子に関わる事で、日本人を守ろうとすれば当然の選択だろう。できるだけ輸入しないで欲しい。

それに健康のことを考えれば、そう頻繁に牛肉を頂くことは必要ないだろう。日本人が適切に食事すれば、日本産牛肉で十分だと思う。

また米国が日本への輸出ができない制裁として、日本産牛肉の輸入制限をするようだが、そもそも日本産牛肉を輸出する必要があるのかとも思う。

|

« 名前の重要性 | トップページ | 大きな声 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/6043117

この記事へのトラックバック一覧です: 米国産牛肉は必要か:

« 名前の重要性 | トップページ | 大きな声 »