« 米国産牛肉は必要か | トップページ | 宇宙からの警告 »

2005年9月22日 (木)

大きな声

最近はどうか知らないけれど、企業において大きな声の主の意見が良く通っていたものである。その意見の内容より、声の大きさが優先順序を決めるこの理不尽。今はそんな企業ないでしょうね?まあ、流風も声は比較的大きい方だけどね。

ところで、話は変わるが、先日喫茶店(スタバだよ)に行っていたら、中年の女性3人組の大きな声には、本当に参ってしまった。周囲など全く見えていない。ここは公共の場だぞ。困ったものだ。

更に、電車に乗っていたら、女子大学生風の四人組が大きな声でおしゃべりしている。あまりにも無遠慮ぶりに腹を据えかねたように高齢者の方が注意していた。一体どうなっているのでしようね。公共心が欠如している。

こういうのは女性ばかりと思っていたら、マクド(東京ではマックとか)でお茶していたら、男性の高齢者が大きな声で話している。これは拷問だ。すぐに店を出た。これらの高齢者は耳が遠くなっていると思われるが、彼等が憩えて、他人に迷惑をかけない場所の提供はできないものか、と思った。

大きな声は場所によっては元気があって宜しい。しかし、それに不都合な場所があるとことを知るべきだろう。果たして、日本人のレベルはそこまで落ちたのだろうか。あらためて公共心教育が必要なのだろうか。

|

« 米国産牛肉は必要か | トップページ | 宇宙からの警告 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/6060394

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな声:

« 米国産牛肉は必要か | トップページ | 宇宙からの警告 »