« 内に籠もるロシアとの外交 | トップページ | 靴下の思い出 »

2005年10月 4日 (火)

村上ファンドはトラの尾を踏んだのか

セ・リーグで優勝した阪神球団の親会社の阪神電鉄株の村上ファンドによる買占めが話題になっている。星野シニアディレクターが怒ったとか。でも、あれは阪神と契約している立場上のポーズでしょうね。ファンによっては優勝に水をさすとか言っている人もいるが。

ただ冷静に考えれば、ある意味そういう時期に入ったということでしょう。ご老体のおもちゃの時期は終わっている。すなわち、最早、電鉄会社が球団を持つ時代ではないということだ。

古くは西鉄が西武に球団を売り、その西武もいずれ売却が現実のもとして、迫ってくるだろう。阪急はオリックスに売却したし、近鉄も結果的にオリックスに引き取られた。阪急は十分ではないがビジネスは整理できたし、経営は改善されている。近鉄も球団経営撤退の結果、その他の事業と共にビジネスが整理され、望ましい本来の経営に向かっている。

阪神グループは堅実経営ではあるが、球団経営をいつまでも続けることは難しいだろう。球団を売却して、より一層の価値あるビジネス・システムを作るべきだろう。球団の「阪神」という冠が取れても、甲子園にフランチャイズをおく限り、ビジネス・メリットは減価しない。上新電機のように協賛の仕方はいくらでもある。

ファン離れを心配する向きがあるかもしれないが、たとえ○○タイガースと名称が変わっても、甲子園にフランチャイズをおく限り、問題はないだろう。野球は選手がやるものだから。経営者が誰であろうと、ファンにはあまり関係のないことである。基本的に、優勝を目指して面白い野球をしてくれることを望んでいる。

むしろ、選手の方がひやひやしているかもしれない。経営者が変わり、楽天のようなやり方をされれば、士気が落ちるかもしれない。阪神はかつて優勝しなくても観客が入るので、トップは優勝を望まなかったと言われる。近年経営方針が変わり、優勝してもグループとしてビジネス・メリットが大きいことを知り、優勝を目指すようになった。それが、経営者が変わって、楽天のようになれば、また昔の阪神になる。

さて、どのように今後展開されていくのか、興味は尽きない。

|

« 内に籠もるロシアとの外交 | トップページ | 靴下の思い出 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/6249115

この記事へのトラックバック一覧です: 村上ファンドはトラの尾を踏んだのか:

« 内に籠もるロシアとの外交 | トップページ | 靴下の思い出 »