« マスカレード族とM&A | トップページ | 外見という錯覚 »

2005年10月19日 (水)

髪の毛と環境

あの、あゆが髪を黒く染めたそうな。別にファンじゃないけど、フーンて感じ。茶髪はすでに流行から外れているし、今更ね。

一時、どいつもこいつも茶髪の時があった。全く不思議なくらい。日本人で茶髪が似合う人は少ないけどね。あの毛染剤は発癌物質が含まれていると言われていたが、皆はそれほど関心はなかったようだ。それほどに、おしゃれは優先するということだろうか。

ところで、茶髪には無縁の流風も、先日の報道には少し驚いた。実は流風の髪の毛も年相応に薄くなりつつある。禿げてはいないが、髪の毛が軽くなっているような気がする。抜け毛も若干多いような気がする。若い時と違って、シャンプー・リンスは毎日欠かさないが、それが問題かもしれないな、と思っていた矢先の報道だった。

それはリンスや洗濯の柔軟仕上げ剤の成分で毒性が比較的高い陽イオン界面活性剤が貝の内臓において海水の1万倍まで濃縮しているとのこと。すなわち生分解性の高いものでないため、自然界に影響を与えているのだ。そして私たちがその貝を食すれば危険なことになる。

自然界は循環している。私達も使っているモノに気をつけないと危ないことになる。手遅れかもしれないが、今からでも何か手を打たないと思った次第。

|

« マスカレード族とM&A | トップページ | 外見という錯覚 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/6474579

この記事へのトラックバック一覧です: 髪の毛と環境:

« マスカレード族とM&A | トップページ | 外見という錯覚 »