« 英才教育の有効性 | トップページ | 火星大接近と気分転換 »

2005年10月22日 (土)

人のイメージ

ある研究者によると、人のイメージは四つに分類されるそうである。それは、外国人(西欧人)の場合、イメージしやすい。そのイメージとは、次の通り。

 ⅰ ウォームでソフト
 ⅱ ウォームでハード
 ⅲ クールでハード
 ⅳ クールでソフト

まず、ⅰのウォームでソフトに分類される西欧人とはイタリア人。次にⅱのウォームでハードに分類されるのはドイツ人。その次の ⅲのクールでハードはイギリス人、その次のⅳの クールでソフトはフランス人だということだ。何となくわかるような気がする。

さて、日本人にどれが当てはまるのかというとなかなか難しい。日本は北海道から沖縄まで縦長(正確には斜め長?)なので、四季はあれども、その移り変わりは微妙に異なる。どちらかというと海に囲まれているので、海洋性民族のイメージがあると言えるのかもしれない。でも単純には言い切れない。

その研究者によると、ⅰは比較的海に面して開放的な神戸、大分、宮崎、松山などを指すという。ⅱは大阪、東北、裏日本など、ⅲは東京、ⅳは京都や京都の流れを汲む金沢などを指すらしい。なるほど。

流風はどれかと考えてみたが、うーん、どれも当てはまらない。ある時はイタリア人的、ある時はドイツ人的、ある時はイギリス人的、ある時はフランス人的。他人のことは比較的わかっても、いざ自己分析となれば、頼りないものです。

さて、今日はイギリス人で行こう。

|

« 英才教育の有効性 | トップページ | 火星大接近と気分転換 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/6510991

この記事へのトラックバック一覧です: 人のイメージ:

« 英才教育の有効性 | トップページ | 火星大接近と気分転換 »