« 成功者と観察力 | トップページ | 求道者による予知 »

2005年11月11日 (金)

話し上手と聞き上手

話し上手な人を見ると流風はうらやましくて仕方なかったことがある。なぜこんなに話が下手なのだろうと悲観したこともある。おしゃべりでないからなのか、緊張しすぎるからなのかとも考えてみたこともある。

しかし、ある時に、いやそうではないんだ、という記事を読んで得心した。それは、次のような内容だったと思う。「話し上手な人は頭脳が緻密でない人が多い。むしろ話し下手ということは、悲観するに及ばないことである」と。

これには、多くの人の反論があるかもしれない。流風はそれによって若い頃、慰められたような気がしたことは事実である。もちろん、おしゃべりが全て緻密である必要はないと思う。緻密でなくても、周囲を楽しませてくれれば、それでいい場合も多くある。

ただ言えることは、話し上手でないと自覚すれば、自然と論理的に考えることに目覚めがちではないかということである。文章にして考える癖がつくし、それによって論理的矛盾を発見しやすくなる。

もう一つ言えることは、話し上手な人は聞き下手な人が比較的多いことだろう。すなわち自己主張が強いのだ。逆に話し下手な人は聞き上手になりやすい。何でも情報を吸収しようとする。世の中はこの二つのタイプで占められているように思う(もちろん、話し上手で聞き上手な人、話し下手で聞き下手な人もいるにはいるが)。そして、商売で成功している人を見ると、意外と話し下手で聞き上手な人が多い。

ところが、企業では勘違いして、話し上手というだけで営業に回したり、話し下手というだけで内勤に回したりする。最近はそういう考え方を見直しているようだが、時々そういう営業に出くわすと、まだまだだなという感がする。それほどに人間の能力の評価は難しい。

それに人は変わる。話し下手な人も歳を重ねることによって、話がうまくなる人もいる。それは筋道の通った話し方で、相手にも理解されやすい。話し下手な人も悲観するには及ばないと思う。ただそれなりの自覚と努力が必要なだけだ。

|

« 成功者と観察力 | トップページ | 求道者による予知 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/7031838

この記事へのトラックバック一覧です: 話し上手と聞き上手:

« 成功者と観察力 | トップページ | 求道者による予知 »