« 観察力を考える | トップページ | 味わう文化とコミュニケーション »

2005年12月 5日 (月)

ルミナリエ・マジック

クリスマスムード一色の流風の住まい周辺です。あちらこちらに、イルミネーションが点灯している。宗教色を排した日本独特の一種の祭りですなあ。日本人は本当に祭りが好きだ。本日から急に寒くなってきたので、祭りを盛り上げるにはより最適の雰囲気になっている。

さて、神戸では、例年のルミナリエという“祭り”が今週から開催される。もう11回目だ。震災時の鎮魂の意味もあったが、一応昨年で、震災復興の一応の区切り宣言している。今回は、自然災害への教訓をいかに皆に伝え、他地域の被災者を励ますかに移っているため、象徴的な「新しい願い」として、第二章の始まりとしている。

ルミナリエ会場になっている場所は震災後、夜は真っ暗だった。人間、光がないと心細いものである。それが、あのルミナリエが開催されることによって、人々の心を幾分明るくしたのは間違いない。だから、東京で同様の催しがされても、その意味は全く異なる。今回もそういう意味で、ルミナリエは人々に新しい光を提供するだろう。

もちろん弊害もある。大変多くの人が短期間に集中するので、都市に負荷が大きくなりすぎるのだ。それに交通機関以外にそれほどお金が落とされることもなく、地域は潤わないのだ。まして、会場以外は閑散として、寂しいくらいになる。全体バランスとしてはあまりよくない。

しかし、ルミナリエは、ある意味、全国的な催しになっており、止められなくなっている様だ。それに、神戸には伝統的な祭りがないので、ルミナリエは今後も継続していくと思う。行くと不思議な雰囲気になり、気分が高揚するのもルミナリエのマジックかもしれない。家族、友人同士、恋人同士、あるいは1人で行っても、それぞれ楽しめるだろう。注意する点としては、今年はクリスマス・イブ、クリスマスとは重複しない日程になっていることだ。今年は久しぶりに行ってみるか。

ルミナリエ開催日程

  日程    :12月9日(金)~12月22日(木)
  点灯時間 :18:00頃~21:30 (土日は若干変則時間)
    スタート地点 :元町
  交通機関 : JR元町、阪神元町 下車すぐ

|

« 観察力を考える | トップページ | 味わう文化とコミュニケーション »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/7473103

この記事へのトラックバック一覧です: ルミナリエ・マジック:

« 観察力を考える | トップページ | 味わう文化とコミュニケーション »