« 小学校時代の思い出 その1 | トップページ | マスコミ報道姿勢の問題点 »

2005年12月22日 (木)

趣味を考える

流風は趣味は無い方である。最近であれば、強いて言えば読書かもしれないが、本来読書は趣味の範囲には入らないだろう。その他のこと、例えば音楽鑑賞、映画鑑賞、絵画鑑賞なども深くは知らないので趣味という領域でない。と言うわけで、無趣味に近い。

そういうわけで、金のかかる趣味は何も持ち合わせていない。時々これでいいのかと思うこともあるが、今更何かをやりたいとも思わない。あっ、そうだ。庭いじりなら少し興味が。若い時はあまり好きではなかったが、庭の手入れを手伝っていたら、意外に面白いので、その方面に少し力を入れてみようと思う。人間観察も面白いが、物を言わない樹木観察も面白いかもしれない。

人はそれぞれ自分の趣向にあう趣味を持っている。それを大事にすることは無駄ではない。人間に飽きたときは、そういうことで息抜きできる。そうすることが、人間関係をリフレッシュできることでもある。遅まきながら、少し趣味の範囲を広げていこうと思う。

|

« 小学校時代の思い出 その1 | トップページ | マスコミ報道姿勢の問題点 »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/7773110

この記事へのトラックバック一覧です: 趣味を考える:

« 小学校時代の思い出 その1 | トップページ | マスコミ報道姿勢の問題点 »