« えべっさんと福引 | トップページ | 雑木の効用 »

2006年1月12日 (木)

アトピーの人たち

少し前(昨年)のことだが、電車に乗っていると、顔から首にかけて、皮膚が炎症を起こしている女性が乗っていたのに遭遇した。若い女性である。視線がいかないように、自然に目線を動かしたつもりだが、彼女に気取られたかもしれない。妙齢の若い女性にはむごすぎる。なんとか治す手立てはないものか。

もちろん、彼女がアトピーかどうかは医者でもないので、判定しづらい。しかし、アトピーなら皆いろいろ研究されているようである。アトピーの原因としては、私は次のように考えている。

すなわち、

  ①母親の体質に問題がある場合

  ②母親の妊娠前、妊娠中の食生活に問題がある場合

 ③母親の母乳に問題がある場合(すなわち①②から導かれる)

 ④生まれた後の子供の食生活に問題がある場合

などではなかろうか。

ただ、子供にとって、原因はどうでもよく、早く治したい気持ちだろう。いろいろ見たり聞いたりしたところでは、基本的に西洋医学では治らず、東洋医学的見地から患者の親達が治療法を模索しているのではないだろうか。

そう思っていたら、広島の女性がアトピー用の商品を開発している記事が載っていた。有限会社キュアラインという会社で、子供のアトピーを克服するため勉強された女性が起業されたそうだ。基本的にタンニンという渋み成分が濃いお茶を煎じて「薬」としているようだ。実際、この「薬」で治っているそうだ。全ての人が治るかどうかわからないが、試してみる価値はありそうである。

それから、これからお母さんになる方も、食生活には気をつけたいものである。バケツプリンとか、ケーキバイキングとかがよく話題になるが、ほどほどにしたいものである。一番苦しむのは当人の子供であるが、その親もまた苦しむことになるからである。

|

« えべっさんと福引 | トップページ | 雑木の効用 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/8122639

この記事へのトラックバック一覧です: アトピーの人たち:

« えべっさんと福引 | トップページ | 雑木の効用 »