« 貢献の測り方 | トップページ | 生まれか、育ちか »

2006年1月21日 (土)

やっぱり

米国産輸入牛肉の中に危険部位が含まれていた事件を聞き、やっぱりという気がする。米国はその国民性から、いい加減なことを度々やる。矢張り、米国産牛肉の輸入はすべきではなかったのだ。小泉首相が訪米時、ブッシュ大統領に迫られて、簡単に同意したことが、そもそも誤りである。首相はブッシュ大統領が支持母体に突き上げられるのに配慮したのだろうが、日本国民を守るという意識が低かったとみえる。今回も、無理やり、輸入再開をさせてこの結果だ。小泉首相は猛省が必要だ。一体どこの国の首相なのか。世論は米国産輸入絶対反対に動くだろう。

流風はこれほどBSEが騒がれなかった頃、牛丼チェーン店で、数回食べて、いずれも気分が悪くなり、それ以後、その牛丼店では食べていない。何となく、危険を感じたからだ。割と食品には過敏に反応する体質らしく、それを疎ましく思うこともあるが、今では、それで良かったのだ思う。

以前のブログでも記したが、日本に米国産の牛肉はいらないと思う。それに健康のためにも、牛肉を含め肉の摂取は控えた方がいい。外食産業は御用学者を招いて、米国産牛肉に、いたく御執心の様だが、米国産牛肉の利用はあきらめて、方向転換したほうが賢い。一部チェーン店はそのように対応しており、好ましい。

また輸入牛肉において今回は米国が注目を浴びているが、その他の輸入牛肉についても注意した方がいい。すなわち、米国産牛肉の混入輸入が考えられる。特に加工品の輸入の注意が必要だ。どこの牛肉が使われているか不明な場合が多いからだ。

日本人の遺伝子に関わるといわれるBSE問題。あまりいい加減な政治的判断では、将来、国家的賠償問題(発症には時間がかかるため、証拠の確定が難しいといわれるが)に発展しかねない。為政者は国民を守るということがどういうことなのか理解し、『未必の故意』に陥らないようにしてもらいたい。

|

« 貢献の測り方 | トップページ | 生まれか、育ちか »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/8257197

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり:

« 貢献の測り方 | トップページ | 生まれか、育ちか »