« 神戸パン屋巡り | トップページ | 気になる中国と日本の誠意 »

2006年3月11日 (土)

花粉症の季節

もう春だなあと感じる今日この頃ですが、嫌な奴がやってくる。花粉症だ。流風は5~6年前から花粉症になり、ティッシュペーパーがいくらあっても足りなくなるし、鼻は赤くなるし大変な時期を過ごしていた。

そうかといって、あの気持ちの悪い大層なマスクをするのもなんだし、それはせずに措いたのだが、あの症状には勝てない。耳鼻咽喉科で薬を処方してもらったり、薬局で点鼻薬を買うであるが、効果はなかった。

そして、いろいろ考えた(恐れ多くも研究とは言わない)結果、花粉症は自宅が原因ではないかと思った。人は寝ている時に無防備になり、病気になるという。そのことを踏まえて、対策をそれなりに講じてみた。

まず、第一に、掃除を頻繁にやること。掃除は苦手で、流風には辛かったが、あの症状には勝てない。

第二に、外気からのほこりは拭き掃除でこまめに除くこと。出入り口、窓など外気が入るところ全て。

第三に、それでも微細なほこりは取り除けないので、S社の空気清浄機を設置した。他社製でもいいかもしれないが、この会社のものがよさそうと判断した結果である。

第四に、風邪の予防と同様、帰宅後は、手洗い、顔洗いを徹底したこと。本当は頭も洗ったほうがいいのだろうが、さすがにそこまではね。

第五に、これは以前からそうしているが、帰宅したら、外出用の服を家庭内の服に着替えることの徹底。

このように、去年の秋から実行したら、今のところは、花粉症の症状は出ていない。外出したら、もうすでに、ひどいくしゃみをする人が多いのに、今年は症状はない。花粉が今年は少ないからかもしれないが。

それにしても、電車に乗っていると、後ろから、前からくしゃみされるのは、あまり気持ちのよいものではない。なあ、おばちゃん、はよ治しや。あんたとこ、掃除してないちゃうかと言いたくなる流風であった。

|

« 神戸パン屋巡り | トップページ | 気になる中国と日本の誠意 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/9032635

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症の季節:

« 神戸パン屋巡り | トップページ | 気になる中国と日本の誠意 »