« 報道の読み方 | トップページ | 有馬学 »

2006年4月 4日 (火)

ワンセグって

最近はも本当に色々な言葉が出てくるので、新しいものには慎重な流風は、なかなかついて行かれない状態になっている。最近よく言われる「ワンセグ」も何のことかいなと思っていたら「ワン・セグメント」の略で、地上デジタル放送の携帯電話向けということらしい。すなわち、映像・音声・データが携帯電話で得られる。携帯電話でテレビで流している映像が見られ、小型テレビなどより画面も鮮明で、見やすいらしい。

ふむ、そうなってくると、携帯を必ずしも使えこなせていない流風でも何か面白そうで興味がある。携帯電話の形をしたテレビなんかなという気持ちもする。しかし大きな違いはパソコン化した携帯電話の携帯機能に映像・音声・データが付いてくることだろう。これは、いつでも、どこでも情報が入手できるという「ユビキタス社会」へ一歩進むということなのだろう。

実際、パソコンによるネット情報でもそうだが、情報だけだと脳が疲れてくる。そこで、映像などが携帯で楽しめ、気分転換できれば、それに越したことはない。それに飽きれば、携帯の通信機能を使って、双方向でやり取りすれば、いい玩具にはなりそうである (だがワンセグに夢中になれば、電池の消耗が激しくて、肝心のメールや電話ができなくなることも想定できる。結局、電話やメールをする携帯とワンセグで映像を見る携帯と二種類持つ必要があるように思う)。

会社員にしても、仕事をしていれば、意外とテレビを見る機会は少ない。そのことで、情報に遅れることはないと思うが、得意先はテレビを見て知っているのに、営業マンは知らないということもありうる。そういう風に考えると、営業マンにはワンセグは必携のような感じもするが、情報入手という言い訳でサボられてもね。その辺が難しそう。

また、主婦や学生にとっては、欠かせないものになりそうである。パソコンでやっていたことを携帯電話へ移行する一つの材料になりそうである。彼らの生活においても、移動時に刻々と変化する情報を映像で入手できることは大きい意味を持つ。

ユビキタス社会は目前に迫っているのかもしれない。ワンセグ文化がどのように進展していくのか見守りたい。

|

« 報道の読み方 | トップページ | 有馬学 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/9422926

この記事へのトラックバック一覧です: ワンセグって:

« 報道の読み方 | トップページ | 有馬学 »