« 老人というもの | トップページ | 名物とは »

2006年4月 9日 (日)

兵庫の楽学歴史大学

神戸市の観光開発の一環として、『兵庫の楽学歴史大学』が従来セミナーでやっておられたものが大変評判だったらしく、ネット上で3月31日より公開された。茶谷幸治氏によるもので、非常にわかりやすく解説してある。

神戸は明治以降の外国からの公館など洋風のイメージが強いが、もちろん、日本の歴史がある。残念なことだが、割と知られていないことも多い。一般には、従来は関心が薄く、見過ごされてきていた。確かに平家物語の源平合戦の舞台になったことは有名である。ただ、話の概要は知っていても、詳しく知らない人は比較的多いかもしれない。また平清盛が神戸・福原に遷都したことを知らない人も意外に多い。

それらに茶谷氏が歴史に焦点をあわせて解説しておられる。こういうものがあると、もう一度場所を確認してみたくなる。神戸近隣に住む者だけでなく、旅行者にとっても、こういう知識を事前に入手しておけば、旅の楽しみも増すかもしれない。

|

« 老人というもの | トップページ | 名物とは »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/9500720

この記事へのトラックバック一覧です: 兵庫の楽学歴史大学:

« 老人というもの | トップページ | 名物とは »