« 鯨肉雑感 | トップページ | 医療ネタ? »

2006年5月24日 (水)

夜8時消灯

子供の頃(小学校に上がる前)、寝る時間は夜の8時だった。もっと小さい時は、夜7時だった。当然、朝起きるのは早くなる。父の出勤が早いこともあったが、早寝早起きだったのだ。

母が父の弁当を作るため起きる朝の4時頃には目が覚める。でも、寝間の中で、ぐずぐずしていたのを思い出す。それでも5時ごろには、母に寝間から無理やり起こされて、大したことではないが、いろいろ用事を言いつけられていた。例えば、新聞の配達の受け取りをして父に届けることや、家の前の掃除などだった。でも、流風の家が特別ではなくて、近所も皆、朝が早かった。

ところが、最近の子供さんは、夜遅くまで起きていることが多いようだ。あまり彼らの将来を考えると、よくないと思うのだが、他人の家庭をとやかく言うこともできない。朝早く起きると、朝食が美味しいので、最近の若い人みたいに、朝抜きということにはならない。そういう点でも、早寝早起きは非常にいい習慣なんだが。

先日、環境省が、夜8時消灯で、環境省庁舎の消費電力(照明分とOA機器停止分の合計)が23%カットできることを明らかにしている。このことは、家庭でも検討が必要だ。小さな消費量でも全国レベルになれば、相当の量である。早寝早起きの習慣をつければ、健康にもよいし、省エネにも役立つ。それに早朝の空気は美味しいのだ。

|

« 鯨肉雑感 | トップページ | 医療ネタ? »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/10215922

この記事へのトラックバック一覧です: 夜8時消灯:

« 鯨肉雑感 | トップページ | 医療ネタ? »