« 観光地の宿命 | トップページ | 謡曲『求塚』にみる若者の恋 »

2006年5月 9日 (火)

祭りと鯖寿司

最近は、夏祭り、秋祭りに加えて、春祭りを催し、お神輿を担いでいる風景をよく見る。暖かくなって、動きたくて仕方ないのだろう。日本人は祭り好きだ。

流風は、祭りの頃になると、鯖寿司とか、冷饅頭を思い出す。というのは、子供の頃、これらのものを食べることは禁じられていたからだ。鯖はあたると蕁麻疹が出るし、子供の場合は危ないということだった。冷饅頭はお腹によくないということで、買ってもらえることはなかった。

ということで、大人になって、これらのものを大変よく食べたことを思い出す。子供の時、食べられなかった反動だ。特に鯖寿司は、割と食べる方だろう。だが、最近の鯖寿司は、庶民のものではなくなって、高いものも多い。特に百貨店に並んでいるものを見ると、大変高い。何だかね。もちろん、ネタや作り方に、いろいろ手を加えているのだろうが、庶民の食べ物でなくなっているみたいだ。

もちろん、海に近い庶民的な寿司屋に行くと、安い価格で売られており、十分に美味しい。確かに、高級鯖寿司を売っているところは、鯖そのものが違うと言うだろう。だが、流風にとっては、そんなに変らない。ただ、もっといいのは、自分で魚がさばけるなら、いい鯖が入手できたら、自分で作ってみることかもしれない。いつか挑戦してみたい。

|

« 観光地の宿命 | トップページ | 謡曲『求塚』にみる若者の恋 »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/9976385

この記事へのトラックバック一覧です: 祭りと鯖寿司:

« 観光地の宿命 | トップページ | 謡曲『求塚』にみる若者の恋 »