« 新聞の特殊指定維持 | トップページ | 医者は足りないのか »

2006年6月 2日 (金)

中小企業は誰が育てるのか

中小企業やベンチャー企業の起業・育成は、いつの時代でも必要だ。だが、この「中小」と「ベンチャー」いうのが紛らわしい。単に小規模で起業と捉える人もいるし、上場を手段とした起業を指すという人もいる。共通して言えることは、社会に対して新しい取り組みをする企業と言えようか。

しかし、中小企業の創業の場合、ベンチャー企業のように、高いリスクをとって、時代を革新するようなビジネスとは基本的に異なる。だから当初は上場を目標とはしない。中小企業にとって、本来それは成長・飛躍のための段階的手段のはずである。それを勘違いしている経営者や投資家がいたりする。中小企業の創業とベンチャー企業の創業はそこが異なる。だが、上場したベンチャー企業の中には、中小企業と同様の意識の経営者がいる。そういうことが、投資家を含めて、意識を混乱させている。

さて、中小企業を育成するのは誰なのか、と問われると、それはまた様々な回答がある。例えば、昔は、中小企業の創業には、これと見込んだ人物には、篤志家という人たちがいて、彼らに資金を融通していた。その返済には期限を設けず、成功したら返す(出世払い)というリスクの高いものである。成功して、元本に加えて、どれくらい返すかも決めていない。

だから現在の投資家のように、早く回収するなど思っても見なかったのだ。それでも、当時の中小企業の創業者は、そのことに恩義を感じ、意気に感じて、皆、馬車馬のように働いた。だから、皆成功した。もちろん、失敗した人たちもいたが、それで追いつめるようなこともしなかった。新しい働き場を紹介したり、与えたりして、次のチャンスを与えたのだ。

現在では、中小企業が成功するには、第三者の客観的なアドバイスと実行力が求められる。地域銀行が大変な時期、中小企業は資金を集めるため、やむなく直接金融という上場を目指したが、それは本末転倒というべきだ。当時は仕方なかったが、(メガバンクほどてはないが)地域銀行もやや落ち着きを取り戻した現在、中小企業は地域銀行が育成すべきだろう。

その中で、力を養った企業だけが、更なる事業拡大に向けて、資金調達をするために上場する本来の姿に戻るべきだ。未だに上場に期待を寄せる経営者がいるが、上場は目的ではないはずだ。上場はしないというのも選択肢の一つだ。上場したベンチャー企業の経営者が投資家や格付け会社から罵詈雑言の限りを言われているのを知っているのだろうか。ベンチャー企業の経営者は覚悟の上とはいえ、真面目な経営者であれば、見るに忍びない。

新規事業を行う場合、ある程度のプレッシャーは必要だが、プレッシャーをかけすぎると、経営者の本来の使命感の達成につながらない。あの“助長”の言葉の謂れのようにあせってはいけない。使命感を損なう外部の圧力をできるだけ避けるには、中小企業は、ベンチャー企業のような早すぎる上場は避けるべきだろう。じっくりと中小企業を育成していく地域銀行の活躍が今以上に期待される。

|

« 新聞の特殊指定維持 | トップページ | 医者は足りないのか »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/10362886

この記事へのトラックバック一覧です: 中小企業は誰が育てるのか:

« 新聞の特殊指定維持 | トップページ | 医者は足りないのか »