« 平凡な人間の哀しさ | トップページ | 自衛隊のイラク撤収について »

2006年7月31日 (月)

日陰と日向

雨が多い日が続いていたが、ここへ来て、一転かんかん照りである。その変化の激しさで、若干バテ気味だ。日差しの強い中を出て行くのは勇気がいる。

子供時代、無謀にも、毎日毎日、こんな暑さの中を走り回っていたことを思い出す。母に、麦藁帽を必ず着用するように言われ、麦茶の水筒を持たされ、「日陰を歩くのですよ」と出かけるたびに言われていた。確かに、日陰は、温度が全く違うため、水遊びやどろ遊びに疲れたら、日陰に入ったり、木陰に入ったりしていた。

動物も日陰は好きで、近所の犬や猫は、車の下に隠れたり、軒下に隠れていることも多い。ただ猫は、この熱い道路に横たわっていることもある。あれはちょっと理解不能。

さて、日陰といえば、「日陰の身」とか言って、卑下する場合もあるが、それはそれで案外いいものかもしれない。日向のようにスポットライトはあたらないものの、気楽さがある。多少の気鬱さはあるかもしれない。とは言っても、これは仕事の場合の話で、女性は、「日陰の身」は辛いだろうが。

他方、日向は、スポットライトは浴びるが、厳しい環境に置かれる。それだけに強い精神力と体力を要する。そして、日向ばかり歩いていると倒れてしまう。時々適切に日陰に入ることが、やはりいいのだろう。

そして日陰や日向ばかり歩いていると、リーダーにはなれない。日陰の気持ちも日向の苦労も知って、初めて人の痛みがわかる。日陰も日向も、それぞれ大変であることを知ることが大切だ。

また頭でっかちになりつつある日本の子供たちは、日向にあたるよう誘導しないと、将来“もやしっ子”の大人ばかりになってしまう。子供たちも、夏休みぐらいは、勉強を忘れて、外で遊ばせてもらいたいものだ。そういった経験は必ず人生に大きな影響をもたらすはずだ。

|

« 平凡な人間の哀しさ | トップページ | 自衛隊のイラク撤収について »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/11162373

この記事へのトラックバック一覧です: 日陰と日向:

« 平凡な人間の哀しさ | トップページ | 自衛隊のイラク撤収について »