« ドルは急落するのか | トップページ | 遠距離通勤は良いことか »

2006年9月14日 (木)

絶えない飲酒運転事故

絶えない飲酒運転による事故について、書く予定はなかったのだが、うだうだと。

これでもか、これでもかと、飲酒運転による事故が連続して起こり、報道も加熱しているようだ。事故を起こした者に限らず、飲酒運転者はいい加減に目を覚ませ。飲酒した状態で車に乗るなんて、まったく馬鹿げている。

ただ、交通事故は、飲酒運転だけが人身事故を起こすわけではない。その確率が高くなるということで批判されているのだ。

また、ある飲酒運転事故を起こした公務員は懲戒免職になったようだ。しかし、現在は公務員にスポットが当たりすぎているが、民間人も、他山の石とすべきだろう。懲戒免職の是非はともかく、社会から飲酒運転を一掃する必要がある。

自分だけが事故を起こして死ぬなら、それはまだましかもしれないが、他の人を巻き込んで、事故を起こすのは許せない。交通法は強化されたが、それでも、このていたらく。それに運転手はほとんど男だ。全く恥ずかしい。それにしても、車と酒がある限り、馬鹿はいなくならないのだろうか。

以前にも述べたが、全てのモノは、使いようによっては凶器になる自覚が必要である。それに関連しての話だが、毎日新聞によると、NPO法人「MADD JAPAN」が、アルコールを検知すると、車のエンジンをかけられない装置「アルコール・イグニッション・インターロック」を、飲酒運転を繰り返す違反者に義務づける道交法改正を求めて、著名活動を5月から始めているようだ。

ただ気になるのは、「飲酒運転を繰り返す違反者」だけでいいのだろうか、ということ。やはり、全ての運転者に義務づけることが求められる。誰でも、飲酒のリスクはあると考えなければならない。

自動車業界も、酒を飲んだら動かない自動車の開発に着手したようだが、自動車業界全体で取り組んで欲しい。法律としても、全て自動車の保有者には、酒を飲む人飲まない人に関わらず、運転席に取り付けを義務付け、厳しい罰則を設ければよいのだ。

以上をまとめると、モノは使いようによっては、凶器になるという自覚を持たせるだけでなく、モノに対する予防措置を設けることと、法律の厳罰体系をつくることが求められる。被害者も加害者も不幸になるのを防ぐことが大切だ。

|

« ドルは急落するのか | トップページ | 遠距離通勤は良いことか »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/11887606

この記事へのトラックバック一覧です: 絶えない飲酒運転事故:

« ドルは急落するのか | トップページ | 遠距離通勤は良いことか »