« 女性の色香に迷う若い男への警告歌 | トップページ | 消費税増税は是か非か »

2006年10月10日 (火)

核兵器で国は守れない

北朝鮮が規模は不明だが、核実験をやったようだ。中国やロシアや韓国の外交の失敗と言える。今後は日米の影響力が強くなるだろう。

そもそも、北朝鮮のような小さな国家が核兵器を持ったところで、基本的に使えない兵器である。それでは国は守れないことがわかっているはずだ。管理も大変だし、コストもかかる。持ったところで、価値はない。

むしろ核兵器は、国を守るどころか、お荷物になるだろう。基本的に指導者のおもちゃに過ぎない。何が目的か知らないが、何か意地になっているように受け取られる。それで、自国を取り巻く環境が良くなるどころか、自ら危機的状況を作り出している。もしそれがわかっているとすれば、それは何らかのシグナルなのだろうか。

さて、北朝鮮のような資源ない国は、国を開放し、平和的な貿易を盛んにすることで栄える可能性が出てくる。現在の指導者は戦略を間違え、保身に汲々としているのだろうが、国を世界の中で発展させる方策を考えるべきだ。

戦前、日本が併合していた時、かなりの学者を入れて、北朝鮮地域に関しても、開発研究したはずだが、戦後、新しい体制になって、それが全く進んでいないと聞く。

それを軍事優先で、時代錯誤の国の運営をしても限界がある。ますます貧しくなっていくだけだろう。それでは、国民を養うことはできない。国家は国民があって始めて成り立つことがわかっていない。

日本ではかつて江戸幕府の時代は、藩の運営をできない殿様のいる所は、取り潰して、廃藩にし、違う殿様を入れて、やり直しさせた。北朝鮮の状況はまさにそれに近いと言えるのではないか。

もちろん、あの指導者も馬鹿ではないから、ロシア仕込みの外交的駆け引きだけでやり過ごすことができる時期はもう過ぎたと感じているだろう。指導者は適当にところで、亡命を望んでいるのかもしれない。そのため、核実験で気を引きたいのかもしれない。

そして、これは中国ではなくて、米国へのメッセージだろう。巷間言われているような中国への亡命ではなくて、米国への亡命を期待しているのだろう。指導部は関係が強いといわれる中国をそれほど信頼していないように感じられる。むしろ敵対のポーズをとっている米国にこそ期待しているのだろう。まさに、ヘルプ・ミーということではないか。

しかし、臨時政府ができても、取り残された国民は、新しい苦難を抱えることになるかもしれない。それは、太陽政策など安易な政策をしてきた韓国や甘やかしてきた中国をも苦難に陥れるだろう。結局、日本や米国の支援抜きでは復興は不可能だろう。

最終的には、統一朝鮮の形を世界に明確に示すこと(例えば、永世中立国宣言、非核宣言等)での了解を前提に、臨時政府は、新しい指導者の下で、周辺国家の協力を得ながら、血のにじむような国の建て直しが求められるだろう。新しい指導者は己を空しくして、国や国民を守る気概がなければならないだろう。

朝鮮半島が今後どのようになっていくのか、隣国の国民としても大変心配だ。だが、賢明な朝鮮半島の人々が新しい国づくりに取り組むことを期待したい。

|

« 女性の色香に迷う若い男への警告歌 | トップページ | 消費税増税は是か非か »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/12222748

この記事へのトラックバック一覧です: 核兵器で国は守れない:

« 女性の色香に迷う若い男への警告歌 | トップページ | 消費税増税は是か非か »