« ロシアとのビジネスの限界 | トップページ | 国民教育方針の原点 »

2006年10月18日 (水)

個人主義の誤解といじめ問題

いじめ問題が社会に取り上げられるようになって久しい。これからが楽しみな若い人の自殺者が出ているのは大変残念だ。未経験から来る思い込みから心理的に追いつめられたのだろう。このように、恨みを残してこの世を去っていけば、いじめた方もいずれ、何らかの形で回りまわって復讐を受けることになる。

いじめた方は、結局、いじめたことで、自らを傷つけることになり、それを一生背負うことで、いずれ同様に苦しむことになるだろう。それが世の中の習いだ。そういうことがないように、周囲(地域、学校、教師、親)は、もっと配慮する必要がある。

ところで、いじめというものは昔からある。柔道家の山下泰裕氏も、子供の頃は、とても手がつけられない子供で、いじめかどうかはわからないが、クラスメートが登校拒否になったそうだ。

いじめにも、いろいろな段階があり、実際、どれくらいをいじめと判定するのかは、時代によっても違うかもしれない。ただ感じるのは、最近のいじめは、やや陰湿さが伴うことだろうか。

なぜ、いじめがなくならないかということについて、子供の精神の成長過程では仕方ないという考え方 ~将来に対する茫漠たる不安によって引き起こされる~もあるが、他者を追いつめてはいけないだろう。

また最近の子供は幼児の頃、歳の違う集団での遊びを知らないことから、グループの年長者に基本を教えてもらっていないため、学校に上がってからも、限度がわからないのかもしれない。

昔は、近所で、年長者に揉まれて、その教えが連綿と伝えられて、直接ぶつかり合う喧嘩にも限度を知っていた。どんなひどい喧嘩でも、ある程度になると手加減したものだ。それに、お互い、引き際も心得ていた。

現在は、昔のように直接、手をかけるということではなくて、心理的に疎外させるということで限度がわかりにくいかもしれない。甘やかされて育った子供たちが、他者を心理的に把握することができないのだろう。

他人に対して、鈍感になっているとも言える。また、いじめられる子供の方も、精神的に弱くなっていることが悲劇を生んでいるのかもしれない。

そこで、もう少し、そのいじめの根本を考えてみようと思う。いじめ問題の根本には、自分の存在価値に対する考え方に問題が含まれていると言われる。

すなわち、自分の存在価値を尊重しない人間がいることが原因であるのだ。自分の存在を尊重しない人間には、他者の存在を尊重できないのは明らかだ。

だが、最近、個人主義の人が多いことがいじめを生んでいるという人々がいる。個人主義=自分勝手主義、という風に捉えている人々がいることに愕然とする。これは誤解だ。

自分勝手主義というのは、わがまま、というものである。真の個人主義とは程遠い。現代で言えば、「ジコチュー」であろう。世の中は一人では生きていけない。自分勝手主義の人というのは、世間知らずの考え方で、未熟な人である。

すなわち、この根本には、社会で生きるための何の家庭教育もなく、わがままに育てられたことが、自分勝手主義になり、自分の感性と異なるものに対して許容できず、いじめをエスカレートさせているのが実情ではなかろうか。

また、いじめられ側にも、そういうタイプが多いのではないかということも、確認しておく必要がある。このように、主体性も無く、お互いの自分勝手主義が、いじめを生んでいる。

しかしながら、個人主義がいじめを生んでいるのではないということを再確認しておきたい。日本には、残念ながら、まだ本当の意味での個人主義の理解の土壌は薄い。よって本当の個人主義の人は少ない。

念のために付け加えると、個人主義とは、自分のために、してはならないと信じることをしないことと言える。それは日本的に解釈すれば、武士道に近い。いかに自己の主体性を確立し、いかに自己を律するかにある。そういう信念があれば、いじめる側には決して回らない。いじめは、自分自身を貶めるものだからである。

以上を総合して考えると、いじめは、子供時代は、未成熟である上に、家庭教育が不十分なため自分勝手主義が横行し、個人主義が徹底していないから起こる現象とも言える。だが、個人主義の確立を、未熟な学生にそれをいきなり求めるのは少々無理がある。つまり、成長の過程では、自己の確立が不確かなことは仕方ない。

だから、それを補うためには、家庭・地域社会・学校教育において、各人の特性を見出し、何かに集中できる場を与え、人間としてあるべき道徳心・躾教育をすることが求められる。ちなみに柔道家の山下泰裕氏は柔道を通じて、優れた指導者に巡りあい、人間としてのあり方、心構えの指導を受けたことが、彼を更正させて正しい道を歩ませている。

だが、もっと大きく見れば、社会として真の個人主義が確立される必要がある。社会において、個人主義が確立されずに、子供の世界だけが改善されることはありえない。まず社会から雰囲気を改めていかなければならない。日本に真の個人主義が根づく時、いじめの問題は解消されるだろう。

|

« ロシアとのビジネスの限界 | トップページ | 国民教育方針の原点 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/12326976

この記事へのトラックバック一覧です: 個人主義の誤解といじめ問題:

« ロシアとのビジネスの限界 | トップページ | 国民教育方針の原点 »