« 栗の季節と思い出 | トップページ | 七五三の着飾りに思う »

2006年11月13日 (月)

現代の教育についての感想

やらせで、「教育基本法改正」を成立させようとする政府は、民主主義を全くわかっていないのは本当に情けない。そんな政府が、盛んに教師の免許更新に絡んで、「ダメ教師」という言葉を、政府高官から発せられていたことは記憶に新しい。

さて、そのことは、さておき、現代教育の実相を考えてみた。教師だけの問題だけでもなく、導かれる学生の質が悪くなっていることは本当に困ったことだ。授業や講義を受ける態勢になっていないことはよく指摘されている。すなわち礼儀・礼節の基本ができていない。

これは戦後世代の親がほとんどである現在、戦前教育を受けていない以上、儒教的な部分が親に欠けていることから来ている。その親であれば、子供に儒教的な部分は全く期待できない。それなら、現代に求められる教育はどうすればいいのか、もう一度考える必要がある。

結局、言えることは、まず家庭教育で、学校教育をきちんと受け入れる態度を養うことが大切であることだろう。その上で、小学生低学年における教育の質を高める必要がある。小学生低学年は後々の学習態度に大きく影響して、教師と生徒の信頼感醸成に影響する。

そのためには、教師の配置にこそ、問題がある。低学年には、優れたベテランを配し、学年が上がれば、若手も起用する仕組みが望まれる。若手はベテランの補助というやり方もあるだろう。そのように適材適所の配置がまず求められる。

低学年には、社会経験の豊富な補助教員の集中配置も必要かもしれない。また大学などの専門教育家を交えての教育研修も必要だろうし、教育専門の大学教授だけでなく、幅広い専門家も、現場に立つことも望まれる。

また、文部行政の長年にわたるふらつきが、教育現場を混乱させてきたことも事実である。文部大臣により、政策が異なったことは度々である。政府としての一貫した教育指導体制は、整っていないように感じる。

特に、週5日制にしたことも、大きな問題かもしれない。所詮、無理なカリキュラムを5日間に組み込むことは不可能で、その結果、塾がはびこっている。塾がはびこるのは、学校で教えないことを試験に出すことが原因だろう。学校教育とは何なのか、問われている。

*(参考) 考えられるダメ教師像

この「ダメ教師」は、極めて感情的な言葉で、定義が難しい。一体どういうのを「ダメ教師」というのだろう。一応、流風が思いついたダメ教師像を列挙しておく。

ただ、教師に直接の教育以外の仕事が増えすぎていることは、同情できる。できるだけ補助教員の活用が望まれる。定年退職者を活用すれば、コストはそんなにかからないはずだ。

① 「研究」と「教育」の違いを理解していない

教師の役割を理解していない。両方兼ね備えることは大変なことである。「でもしか」教師では、基本的に不可能なことを認識していない。人生経験の浅い若い教師では、限界がある。教員免許自体、大した意味はない。一定の社会経験があれば、誰にでも与えてもいいような資格だ。

② 知識面の不足

教える知識が浅い、学問の研究を怠っている、新しい知識を吸収し、積み重ねる努力を怠っている

③ 指導方法が不足

教え方が下手、教え方に工夫が感じられない、教え方に熱意がない、教え方が、状況を判断せず、一方的である、学生の求めるものを理解できない・しようとしない、生徒の特性に合わせた教え方ができない

④ コミュニケーションの問題

限られた生徒を贔屓する、学生とコミュニケーションができない、他の先生との連携ができない、父兄との話し合いができない、学生は教師を選べないことを理解していない

⑤ 意欲の問題

学生に対する影響力を理解していない、生徒を育成する意欲が感じられない、授業の手を抜く

⑤ その他の問題

生徒と私的関係を結ぶ、だらしない格好で教える、教育に政治を持ち込む、政治活動に現を抜かす

考えられるダメ教師像としては、以上のようなことが考えられるが、ダメにするのは、生徒でもあり、PTAや評価制度であることも考慮する必要がある。親は教師に任せるなら、任せる態度が求められる。また教師を育成していく態度も必要である。

そして最終的に、教師の評価は、生徒の追跡調査をしないと明確な判断はできないということになる。教師の評価は、短期的にできることもあるが、それは本来、長期にわたるものであろう。

|

« 栗の季節と思い出 | トップページ | 七五三の着飾りに思う »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/12666771

この記事へのトラックバック一覧です: 現代の教育についての感想:

« 栗の季節と思い出 | トップページ | 七五三の着飾りに思う »