« 老いらくの恋と謡曲『恋重荷』 | トップページ | クリスマスシーズンと神戸 »

2006年12月 1日 (金)

整備された神戸・三宮バスターミナル

ミント神戸ができて以来、三宮は活気を取り戻している。オープン時ほどではないが、雰囲気はいい。人の流れも変りつつある。更に近い将来、阪神電車東口とJRの東口の拡大がされると、更に流れが加速しそうである。

その前に、また良いこととして、11月26日から、ミント神戸1階の三宮バスターミナルを核として、既存のバス乗り場が一体的に整理され、駅前に点在していたバス路線の内、37路線が集結した。三宮バスターミナル周辺に1番から9番までの乗り場がある(*参考参照)。

既存の路線バスに加えて、有馬方面行き、シティーループ線、高速バス、ホテル送迎バスが乗り入れている。全ての路線バスを包含していないのが残念だが、それでも、以前よりはまとめられた。

今まで、バス乗り場がごちゃごちゃして、わかりにくかった。観光客に尋ねられても、よくわからないことが多かった。これが観光都市かというほど、ひどかったのが、やっと改善された。もちろん、路線に関しては、これでまだ十分ではないという意見もある。でも、全体として改善されて、観光者には朗報だろう。

神戸が初めての観光者にもわかりやすいと思う。神戸空港からも、ポートライナー三ノ宮駅を降りてすぐだから、利便性はよくなった。観光者にとって、迷うことがなくなることは、心理的不安を解消し、観光も快適になるだろう。これは顧客の利便性を優先し、各社が利害を超えて、協力したことが大きい。

それに、ミント神戸1階にある、三宮バスターミナルの雰囲気もよい。チケットカウンター、案内所、待合室、トイレがある。見に行ってきたのだが、ミント神戸自体が新しいので、気持ちよい。

待合室は、いい感じ。またホテル送迎バスの場合は待合室にいると、プラカードを持って出発の案内もしていた。トイレは、きれいだけど、ピーク時には足りないかもしれない。周辺のトイレ事情を把握しておく必要がある。

*参考 神戸市の記者発表

      http://kouhou.city.kobe.jp/information/2006/08/20060831up01.pdf

*参考 バス乗り場の概要

   1番乗り場 市バス64系統 神戸北町方面

   2番乗り場 市バス29系統 HAT神戸方面

   3番乗り場 神戸交通振興バス ポートアイランド方面

   4番乗り場 シティー・ループバス、有馬温泉行きなど

   5番乗り場 淡路島、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン方面

   6番乗り場 四国方面

   7番乗り場 長距離バス 関東、東海、山陽、山陰、九州、北近畿 

   8番乗り場 ホテル送迎バス

   9番~11番 降車専用

(以上より詳しいことは、「三宮駅周辺発着バス路線」と検索すると、より詳しいデータが得られる)

*2008年1月30日追記

  神戸のバス「乗り場インフォ三宮」が開設された。これを利用すれば、もっと便利になる。

  http://sannomiya.noriba.info/

|

« 老いらくの恋と謡曲『恋重荷』 | トップページ | クリスマスシーズンと神戸 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/99784/12887873

この記事へのトラックバック一覧です: 整備された神戸・三宮バスターミナル:

« 老いらくの恋と謡曲『恋重荷』 | トップページ | クリスマスシーズンと神戸 »