« 偕老同穴のいきさつ | トップページ | 政治家の条件 »

2007年1月21日 (日)

マスコミの健康番組の欺瞞性

納豆の健康情報が流れて、店頭から納豆がなくなっていた。流風は関西人でありながら、比較的、常食しているので、迷惑なことだ。そして、明らかになったことが、この放送局が流した情報が捏造されたものであったとのことである。

もともと健康情報なんて、流風は一切信用していない。しかし、マスコミから流される健康情報を鵜呑みする人たちも多い。これは、テレビ独特の催眠術にかかって、一種の詐欺に引っかかっていると認識すべきだ。

しかし、テレビ局も、本当に視聴者を馬鹿にした番組作りもいい加減したらどうか。そして結局、視聴者も、テレビの視聴率稼ぎに一役を担わされているだけだと認識するべきだろう。視聴者はもっと冷静になる必要があるが、このような番組を流すテレビ局が諸悪の根源かもしれない。

そしてメーカーの意向を汲んで番組づくりするマスコミも悪いが、スポンサーも悪い。マスコミに情報提供している人たちも作為がありすぎる。こんなテレビ局にスポンサーについている会社の不買運動をしてみたいものだ。

スポンサーは、番組をもっと精査すべきだろう。単に視聴率がいいから、番組に協賛する姿勢は改めてもらいたい。それにテレビの広告はすでに価値を落としている。スポンサーも、費用対効果を考えると共に、スポンサーになることに、大きな社会的責任があることを再確認してもらいたい。

まあ、テレビを見なければ問題は無い。流風はテレビをほとんど見ないが、時々、こういうことで間接的に迷惑する。業界だって、急に売れたところで、熱が冷めた頃には、売れ残りが出るのは目に見えている。経営のためには、よい影響をもたらさない。

この放送局に限らず、他局の健康情報番組にも捏造体質があるのだろう。他の番組の情報も信用できないということになる。こういうことが続けば、テレビは坂道を転げ落ちる存在になるのだろう。マスコミへの不信感はより一般にも広がっていくだろう。旧態依然たるマスコミ体質は、変わっておらず、ホリエモンに買収された方が良かったのかもしれない。

(本日は投稿予定ではなかったが、あまりにも腹が立ったので、アップした。)

|

« 偕老同穴のいきさつ | トップページ | 政治家の条件 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 偕老同穴のいきさつ | トップページ | 政治家の条件 »