« マスコミの健康番組の欺瞞性 | トップページ | 日本三大嫉妬婦人 その三 »

2007年1月22日 (月)

政治家の条件

政治家に立候補する人々には、その持っている資質と共に、政治学の学習が欠かせない。従来の、官僚出身者、労働組合出身者、タレント、スポーツアスリートなどの立候補者の中には、政治家として適格でない人も多かった。単に既成政党の思惑で、立候補を要請された人も多い。政治学をきちんと学んでいない候補者も多いことだろう。

今回の、宮崎県知事選で、そのまんま東氏が選ばれたことは、過去としがらみがないこともあるが、彼が政治学をきちんと学んでいることがも影響していると思う。そのまんま東氏が立候補した時点で、もしかしたら、という感じは受けていた。

彼は、タレントとして失敗後、自分の過去と決別するべく、大学で政治学を学んでいる。だから、政治に対する問題意識も高く、過去の政治手法に疑問を感じていたに違いない。だから、彼の演説を聞いて、納得して、投票した人が多いだろう。

彼が単なるタレント出身では、無党派層が支持したかどうかはわからない。一昔前なら、タレントというだけで、票を集めて、当選したかもしれないが、現在は、そういう方達の限界を知っているので、同様な投票行動をしたとも思えない。

政治家になる本当の条件があるかという個人の資質が問われているのだ。これからの立候補者は、立候補する前に、きちんと大学等で政治学を学んでから、立候補するべきだろう。既成政党も、立候補の条件に、それを課すべきである。

政治家になってから学ぶなどと、ほざいている候補者がいるが、それは国民を愚弄するものである。国民は彼らに報酬を与えるのを忘れないでもらいたい。費用対効果という意味で、時間当たりの政治の質を高めるためにも、是非そのようにしてもらいたいものである。

|

« マスコミの健康番組の欺瞞性 | トップページ | 日本三大嫉妬婦人 その三 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マスコミの健康番組の欺瞞性 | トップページ | 日本三大嫉妬婦人 その三 »