« 美術品の個人所有の是非 その1 | トップページ | 美術品の個人所有の是非 その2 »

2007年3月28日 (水)

かす汁で酔うか?

神戸市の小学校教員が、酒気帯び運転で摘発されたが、本人に酒を飲んだ覚えがなく、周囲もそのように認識しているらしい。ただ、かす汁を2杯飲んだとのこと。

さて、かす汁で酔うかというと、酒粕を扱う店は否定しているようだが、流風の経験だと、確実に酔うだろう。酒に弱い人なら間違いはない。

酒粕も、最近は、本当に絞りきったものではなく、ゆるく絞った酒粕が販売されている。酒の含有量が多いはずだ。かす汁にしても、その方が美味しい。

だが、酒は残る可能性がある。沸騰させれば、アルコール分が飛んで残らないというのが、酒粕店の主張だが、流風の感じでは、酒は残っている。

また、最近の酒酔い検査器は精度がよくなっていることから、過剰に反応するだろう。今回のケースは、若干かわいそうな感じがする。

この教師は退職されたようだが、酒酔い運転と同じ扱いにするのは酷である。でも、当局としての判断が間違っているとも言えない。今回は、いわゆる常識の範囲外ということだろう。

今回だけでも、その教師の復職はできないものか。それにしても、かす汁も飲めないとは、難しい時代になったものだ。

|

« 美術品の個人所有の是非 その1 | トップページ | 美術品の個人所有の是非 その2 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 美術品の個人所有の是非 その1 | トップページ | 美術品の個人所有の是非 その2 »