« 計画性ということ | トップページ | 森林資源国だけが生き残るか »

2007年5月27日 (日)

わかりやすいとは、いいことか

なかなか理解できない時、わかりやすく解説してくれるとありがたい場合がある。しかし、わかりやすいということは、いいことなのだろうか。

どの世界にも、わかりやすく説明や解説してくれる人がいる。しかし、この世の中は、そんなにわかりやすい世の中だろうか。

多分、彼らは、問題を単純化させているに過ぎないのではないか。ミクロ的には正解であっても、マクロでは、必ずしも正しくないのではないか。

わかりやすさには警戒が必要だろう。そして、そのように説明したり解説するマスコミの人たちや彼らの著作に。結局、人々に相談しても、自分で納得するまで考えるしかない。

考えることを放棄した人々が危いのは、いつの時代も同じだろう。わかりやすさで騙されないようにしたいものだ。政治家で言えば、前首相(*注)のようなタイプに騙される可能性が一番高い(笑)。くわばら、くわばら。

*注

この記事も、今では、過去のことになって誤解されてはいけないので、名前を明記しておく。それは小泉元首相のことだ。煽るのがうまい指導者には要注意ということ。

|

« 計画性ということ | トップページ | 森林資源国だけが生き残るか »

考え方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 計画性ということ | トップページ | 森林資源国だけが生き残るか »