« 15分ということ | トップページ | 計画性ということ »

2007年5月25日 (金)

リニューアルした兵庫県立歴史博物館

ラジオで、兵庫県立歴史博物館が4月20日にリニューアルをしたと聞いたので、やっと時間を見つけて行ってきた。かれこれ十数年ぶりのことである。前の印象は、お城に関する展示と、ビデオ鑑賞ルームの印象が強かった。

今回、行って見て、少し驚いた。展示にかなり工夫がされており、面白いのだ。いろんな客層を想定して作ったようだ。カップルでも、親子連れでも楽しめそうだ。もちろん、一人でもそれなりに(笑)。じっくり見ていけば、かなり誰でも楽しめる。解説資料も無料配布しており、それだけでも内容が充実している。それに観覧料金も安いし(大人200円)。

6月3日までは、ひょうご文化ルネサンス「わくワークフェスティバル」として、伝統的な和文化のイベントを行っている。大半はゴールデンウィークに終了しているようなので、残念。まあ、それはなくても、十分楽しめる。

*  兵庫県立歴史博物館

場所は姫路城の東側で、姫路駅から、バスで、博物館前下車。ここを鑑賞してから、歩いて姫路城に行くと、より姫路城のことが理解できそうである。

|

« 15分ということ | トップページ | 計画性ということ »

姫路と播磨」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 15分ということ | トップページ | 計画性ということ »