« 鰻と落語 | トップページ | 要領を得ず »

2007年6月 7日 (木)

訪問介護大手の破綻

訪問介護大手のコムスン(グッドウィルグループの傘下企業)が介護保険事業から撤退する可能性が高くなったようだ。水増し請求などで厚生労働省が新規開設や更新を認めない方針を決定したからだ。

もともと介護のような事業は、利益を追うと失敗することはわかっていたはずだ。価格が自由に決められない以上、市場原理には馴染まない。そのことを無視して、全国展開して、収益を上げ、総合力で利益を上げようとしたのだろうが、そうは問屋は卸さなかったということだろう。

結局、無理なことをして利益を上げようとして不正に走ってしまったようだ。介護のような仕事は、ボランティア精神が事業所の側にも求められる。それは規模の拡大で解決できるものではない。

結局、やはり介護は、地域の相互扶助ということに落ち着くことになるだろう。それは地域の再生という課題にそこに住む人々が真剣に考えねばならない問題でもある。しかし、今後、このような業者が出てこないことを望みたい。

*追記

グッドウィルグループは、コムスンの介護事業を同じく子会社の「日本シルバーサービス」に引渡し、厚生労働省の制裁から逃れようとしている。国は、それを見逃すのであろうか。彼らは、このビジネスから撤退し、新しい民間ビジネス分野に検討を加えるべきだろう。中途半端なことをしても、派遣や請負のようなピンハネ事業同様、不信感が増大するだけである。企業は利益を上げる前に、社会の公器であることを再確認してもらいたい。

|

« 鰻と落語 | トップページ | 要領を得ず »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鰻と落語 | トップページ | 要領を得ず »