« 歴史小説の捉え方の違い | トップページ | 昨日・今日・明日 »

2007年6月29日 (金)

ショートパンツの流行

女性の間で、ショートパンツが流行っているらしい。いろんな所で、惜しげもなく脚を出している女性を見かける。やけに目に付く。場所によっては、目のやり場に困るが。

そういうと、流風、若かりし頃も、「ミニスカート」や「ホットパンツ」全盛の時代もあった。ホットパンツはともかく、ミニスカートは若い女性だけでなく、中高年にも流行った記憶がある。

ただ、当時、ミニスカートやホットパンツは、猫も杓子もはいており、必ずしも似合う人たちばかりではなかった。だいたい、ミニスカートは来日した英国のモデル、ツゥッギー自体、脚が細すぎて不気味だった。そして当時のミニスカートは、彼女の体型でないと似合わなかったのかもしれない。

当時の日本でも、太い脚や、短い脚の女性では、着物姿は似合っても、さすがにミニスカートやホットパンツは似合わなかった。それに無理して流行を追っかけていたようだ。自分を客観視できない時代の雰囲気は恐ろしい。

それに、当時は、一部の女性だけかもしれないが、必ずしも脚の手入れも十分ではなく、若干、迷惑に感じたものだ(笑)。流風が女性だったら、絶対ミニスカートやホットパンツははかないだろう。

しかし、最近のショートパンツをはいておられる女性はスタイルも抜群だし、惚れ惚れするような見事な脚だ。どうして、あんなにスタイルがいいんだろう。そして、スタイルに自信のない人は、無理してショートパンツをはかないことが宜しい。女性も進歩した。

それにしても、あんなに長い脚を持っておられるのは、少々短足気味の流風にとっては羨ましい限り。それに若いから、肌に艶がある。若さというのは素晴らしい。これからも目の保養を期待したいものだ。

|

« 歴史小説の捉え方の違い | トップページ | 昨日・今日・明日 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歴史小説の捉え方の違い | トップページ | 昨日・今日・明日 »