« 恋の方向音痴 | トップページ | 泰斗という言葉 »

2007年6月23日 (土)

パンプキン・スープ

一般に、女性の好きなものとして、“いも・たこ・なんきん”と云われてきた。最近の女性もそうなのだろうか。流風は男だが、どれもよく食べる方かもしれない。

サツマイモは、焼いても蒸しても美味しいし、子供の頃のおやつに母がよく作ってくれたので、その味は未だに舌が覚えている。

たこは、たこ焼きや酢だこぐらいしか味わう機会はないが、嫌いということはないだろう。

最後のナンキン(かぼちゃ)は、煮たり、スープにしたりしている。ただ市場に日本産のかぼちゃは出回っていない。売り場にあるのは海外産である。

さて、今回は、「パンプキン・スープ」を取り上げてみよう。別に、ナンキンスープとか、かぼちゃカープとか呼んでもよさそうなものだが、パンプキン・スープの方が、雰囲気があって宜しい(笑)。

さて、よく作るパンプキン・スープは次のようなものだ(4人分)。

材料:ナンキン400グラム、食パン1切れ、牛乳2カップ、塩、胡椒

手順:

①ナンキンは種等を取り、薄くスライスする。

②鍋にナンキンと食パンを入れ、水をひたひたに入れて、どろどろになるまで煮る。但し、食パンはパンの耳を取ってもよい。流風は邪魔くさいので、そのまま煮て冷ます。

③鍋から、ミキサーに②を入れ、ミキサーすると、全体にとろみがつく。

④再度、鍋に③と牛乳2カップを入れ、煮る。

⑤塩、胡椒、少々で味を調える。

料理としては、簡単だが、濃厚な味で、なかなか美味しい。熱いままでもいいが、冷やしても美味しい。これからの時期は、冷蔵庫に保存しておいて、料理のサイドメニューとしても最適だ。

|

« 恋の方向音痴 | トップページ | 泰斗という言葉 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 恋の方向音痴 | トップページ | 泰斗という言葉 »