« 折檻と改革 | トップページ | 常識訓 »

2007年7月27日 (金)

薬用入浴剤の効用

今年の冬になって、入浴剤や薬用入浴剤を使い始めた。理由は痒み退治だった。冬場に老人性掻痒に悩まされる年齢になったのだ(苦笑)。あ~あ、嫌だねえ。ところが、ところが、風呂に入浴剤を入れて入浴すると、あの痒みは、嘘のようになくなった。よかった。

それだけではない。実は、数年前から、足の裏に疣ができて、いろんな薬を試したり、皮膚科で診てもらったりしたが、一向に良くなる気配はなく、むしろ悪化していた。一時は治療して、ますます悪化する皮膚科の医師を恨んだりしたもんだ。

色々考えた挙句、いろんな入浴剤を試すことにした。そうすると足の裏の疣もいつのまにか完治したのだ。あれだけ悩んだ疣がなくなっている。多分、普通の入浴剤から薬用入浴剤に変えてからだと思うが、いろいろ試しすぎて、どの薬用入浴剤が効いたのかがわからないのが少し残念。多分、あれだと目星はつけているが。

数年悩んだ疣が治って、薬用入浴剤、恐るべしという印象だ。皮膚病で悩んでいる方は、効用に個人差はあるだろうが、案外、薬用入浴剤に解決の糸口が見つかるかもしれない。検討してみてはいかが。

|

« 折檻と改革 | トップページ | 常識訓 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 折檻と改革 | トップページ | 常識訓 »