« 難破船の宝 | トップページ | 用意と準備 »

2007年8月 5日 (日)

甘さ控えめ

菓子業界では、甘さ控えめが主流になっていると思う。食材そのものに含まれる甘さで、すでに十分なのに、更に砂糖を追加して、甘すぎる物を作っても、消費者には支持されないことがわかったからだろう。

だが、時々、甘すぎる場面に遭遇する。先日、と言っても少し前だが、ある大手のバーガーショップで、ココアを頼んだのだが、異常に甘すぎた。とても飲める代物ではなかった。このバーガーチェーンの企画担当者はどんな味覚の持ち主なのだろうか。他のメニューも推して知るべしだろう。

常識では考えられない甘さだった。結局、ひと舐めした後、すぐ退散した。画一的な味覚の追求は止むを得ないとしても、味覚も、品質の一つではないか。その後、そのバーガーシッョプは利用していない。利用する気になれないのだ。

また果汁100%のジュース類も、最近はそれをウリにして、多くの企業から出されているが、ジュースとしては甘すぎる。これらは氷か水で薄めて、ちょうどいいくらいだ。あまり濃度の強いジュースは飲みすぎれば、却って健康を害す危険性がある。消費者が皆、水で薄めて飲んでおれば問題はないが、そのことは説明書きも必要だろう。

もう一つは、キャンデー・アイスクリームの類だろう。全体的に甘すぎる。もっと甘さ控えめのものは作れないものか。こんなに甘いのなら、かき氷でも食べた方がずっとましである。あれなら、自分で作ればトッピングするもので、ある程度調整できる。

健康志向と言われて久しいが、味覚の流れも含めて、業界はもっと研究して欲しいものである。また業界の事情なのかしれないが、砂糖を多く利用する菓子・飲料水等は止めてもらいたい。甘さ控えめが、消費者の意識の流れとして定着していると、業界は再認識して欲しい。

|

« 難破船の宝 | トップページ | 用意と準備 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 難破船の宝 | トップページ | 用意と準備 »