« 多岐亡羊ということ | トップページ | 髪から人生を考える? »

2007年8月28日 (火)

画竜点睛を欠く

安倍政権の内閣改造の評価は、「画竜点睛を欠く」の一語に尽きる。全体としては、前回よりよくできているが、本当に大事な点が欠けている。すなわち、首相の交替だ。首相を替えなくては、どうしようもない。民意を反映しない、この内閣は今後も苦労するだろう。

*追記

それにしても、御用政治評論家の意見は、民間の意識から離れすぎている。彼らをマスコミから排除することはできないものか。多分、政党から多くの金をもらっているのだろう。しかし、彼らの意見は、ほとんど参考にならないことは一般国民は気づいている。

|

« 多岐亡羊ということ | トップページ | 髪から人生を考える? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 多岐亡羊ということ | トップページ | 髪から人生を考える? »