« 明哲な政治家 | トップページ | ゴキブリ対策商品 »

2007年9月25日 (火)

商売の志

商売を始める理由は色々あるだろうが、一般にビジネスになりそうだから始めたり、食わんがために始めたり、面白そうだから始めたり、きっかけはそれぞれだろう。

最初は、それなりに頑張るから、それなりの成果はあがりやすい。しかし、人を雇うことになる頃から、経営という難しさにぶつかる。雇う人も親兄弟など身内のうちは、各種問題を抱えても、なあなあで済んでしまう。

しかし、他人が入ってくると、様子は一変する。それなりにコミュニケーションがそれまでより難しくなる。それも10人ぐらいなら、まだ目も届く。しかし、20人以上になってくると、トップの目だけでは不十分で、別の管理者が必要になってくる。

そのころから、意思の疎通が怪しくなってくる。それが組織というものだ。そこで必要になるのが、その企業の事業意志だ。何をして社会に貢献しようとしているのか明確に、構成人員に浸透させる必要が出てくる。

商売の要諦はいろいろあるが、志・行・智という人もいる。うまい言い方だと思う。その中でまず志は大事だ。大きくなった企業は、皆、この企業の志は何か、と原点に戻った所がほとんどだ。もちろん、企業を大きくすることだけが正しいとは言えないが。

また名目的に、志を掲げる企業があるが、そんな底の浅いことでは、人々を導けないのは明白だ。経営者が迫真の思いを伝えて、人々の魂に触れる時、人々をやる気にさせる。形だけの志には何の意味もない。

|

« 明哲な政治家 | トップページ | ゴキブリ対策商品 »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明哲な政治家 | トップページ | ゴキブリ対策商品 »