« タクシー会社の選び方 | トップページ | 理髪店主のおしゃべり »

2007年9月11日 (火)

間違った決心

安倍首相が、また暴走しようとしている。彼は民主主義を信奉していないのだろう。民主的手続きを無視して、彼の思いだけで勝手に強行しようとしている。日本全体にとっても、将来の日本を考えても、極めて危険だ。そして自民党の中でも、国民にとっても、最も危険な政治家のようだ。

かつて自民党には、魅力的な政治家がいたのに、どうして安倍氏のような政治家をトップに据えたのだろうか。どうも自民党全体に国民を守る使命感が欠如するようになったのではないか。そして民主主義への理解が薄れているのではないか。

多くが政治家ではなく、政治屋になってしまったのかもしれない。否、政治サラリーマン志向が強いのかもしれない。単なる非常勤のサラリーマンだという意識が蔓延しているのではないか。政治というものを深く探求せずに、また国民との対話も忘れて、政治風のような政治をしているだけではないのか。

それは極めて一面的な思考方法が度々繰り返されていることが証明している。思考が深くなく、単に状況に流され続けているともいえる。それは政治家ではない。同盟国に対する単なる茶坊主に過ぎない。こんな政治家トップはいらない。自民党は、早く目覚めて、次のトップを選びなおして欲しい。さもなくば、政権を野党に引き渡すしかないのだが。

|

« タクシー会社の選び方 | トップページ | 理髪店主のおしゃべり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タクシー会社の選び方 | トップページ | 理髪店主のおしゃべり »