« 内需拡大と消費税 | トップページ | 商売の志 »

2007年9月23日 (日)

明哲な政治家

自民党の総裁もやっと決まったようだ。久しぶりに、本来の自民党の総裁が選ばれたと見ている(*注)。ただ、自民党の体質は、小泉政権以後、変質してしまったので、今後の政局運営の動向を見守りたい。

さて、政治家には、明哲さが求められるが、果たして現代の日本の政治家はどのようだろうか。「明哲」とは、『書経』によると、「天下の事理に詳しく通じ、民衆に先立って知っている人」を指しているという。

その出典によると、殷の武丁という王が、即位後、三年間は静かに黙して語らず、静かに臣下を見守ったという。そして、市井から説という賢者を見つけ出し、宰相に据えて善政したという。説も含め群臣が献じた言葉が、先の言葉らしい。

このように、政治家というのは先見力が求められる。もちろんトップになったからといって、何でもこなすことができるわけではない。多くの支えてくれる人材が必要だ。

ただ現代では、なかなか、そのようにトップになってから、時間をかけて人材を見つけ出すことは難しい。基本的に、トップになる準備段階で、幅広く人材を手当てしておくことが求められる。

さて、今度の自民党のトップは、どんな人材を手当てされているのだろうか。

*注

陳腐な安倍晋三政権に代わって、福田康夫政権になった。

*追記

残念ながら、約1年後、福田康夫政権は、与野党のねじれ現象のため、政権運営に自信を失って投げ出してしまった。胆力に問題があったかもしれない。

|

« 内需拡大と消費税 | トップページ | 商売の志 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内需拡大と消費税 | トップページ | 商売の志 »