« 女性は官僚を目指せ | トップページ | 内需拡大と消費税 »

2007年9月15日 (土)

首相というもの

自民党総裁に選ばれそうな人が、度々画面に登場していますが、嬉しそうですね。そういうと、辞められる首相も、就任前は、そのようでした。皆さん、首相になりたがるけど、首相の職責は厳しい。首相になると、段々人相が悪くなるのは、歴代の人々から検証済みだ。どなたが選ばれるにしろ、大変な職責ですぞ。命を投げ出す覚悟はできているのだろうか。

国会議員になれば、その最高の地位に就きたい気持ちはわかるが、日本の首相は、仕事が多すぎる。何でもかんでも、首相に聞こうとする。多分、首相の職責について、憲法上の仕組みに問題があるのだろう。憲法の第九条改正には反対だが、首相の分権については、そろそろ論じられてもよいかなと思う。

なぜなら、トップが正しい判断をするには、それなりの余裕がなければならないが、分刻みのスケジュールでは、情報分析も甘く、十分な内容の検討もされずに、間違った判断をする可能性がある。日本の国家規模から考えて、首相の職責について、今一度考える必要があるのではないか。

* 追記1

各大臣には、副大臣がいるのに、首相には、副首相がいない。副首相が3名ぐらいいてもいいのではないか。

*  追記2

それにしても、途中で投げ出した、B型宰相、安倍さんは、第二の細川さんなんでしょう。しかし、こういうタイプは長生きしそうだな(笑)。

|

« 女性は官僚を目指せ | トップページ | 内需拡大と消費税 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女性は官僚を目指せ | トップページ | 内需拡大と消費税 »