« 三大失観 | トップページ | 作品と作者の変化を読む »

2007年11月29日 (木)

終わった“貯蓄から投資の時代”

“貯蓄から投資の時代”は、終わりの時を告げようとしている。未だに、“貯蓄から投資の時代”と叫び続ける人々もいるようだが、それは彼らの立場上のこと。一般人には、投資は向いていないとわかった人が多いのではなかろうか。

時は、ローリスク・ローリターンを時代に戻りつつある。しかし、日本銀行が苦悩するように、未だ金利を上げられないことが、ネックになっているかもしれない。そして、あらゆる物価が上がっている現在、ローリスク・ローリターンでは、目減りするばかりだと言うのも理屈は合っている。

しかしながら、どれだけの人々が、“貯蓄から投資の時代”のスローガンで踊らされて、潤っただろうか。プロの投資家さえ、苦悩するのに、素人の一般投資家が成果を上げられるとは思えない。結局、ズルをした人間だけが得をしているのではないか。当局に、ズルを見破り、罰則を与えることが出来ない現状、実質的な詐欺行為は横行するばかりである。

そういった環境下では、一般人は、低金利の利子で耐えるしかない。大きく損害を受ける投資よりは、まだその方がましであろう。そして、多くの人々が理解したことは、政府のスローガンに乗ってしまうと失うものが大きいということだろう。今一度、一般人は、“貯蓄から投資の時代”の仕組まれた意味を考え、“投資から貯蓄の時代”に戻ったことを確認すべきだろう。

|

« 三大失観 | トップページ | 作品と作者の変化を読む »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三大失観 | トップページ | 作品と作者の変化を読む »