« もう英会話学習はいらない? | トップページ | 情報判断力と伴食宰相 »

2007年12月12日 (水)

在日外国人向け放送 FM COCOLO

関西には、外国人向け放送 FM COCOLOがある。あの阪神・淡路大震災が起こった時、在日外国人の方々が、右往左往して、どのような対応をすればいいのか、わからなかった。そのことを踏まえて、各種情報を、それぞれの言語で提供できるように、1995年に開設された。もちろん、日本人が聞いても面白い内容だ。

最近の海外の音楽は、米国音楽に席巻されて、昔ほど、いろんな国々の最近の曲をラジオから流れなくなった。子供の頃は、色々な国の音楽が流れていたのに。確かに昔の懐かしの洋曲は、最近、いろんな放送局が扱うようになったが、新曲はほとんど、FMも含めて、大半が米国の音楽だ。

ところが、このFM COCOLOは、様々な国の音楽が流れる。先日も、ショッピングセンターで休んでいると、高齢のお婆さんがラジオをイヤホンで、楽しそうに聞いておられる。何を聞かれているのですかと尋ねると、FM COCOLOだった。

へぇー、お婆さんも聞くのだと少し感心していると、この放送局はいろんな国の曲が流れるので、楽しいとのことだった。各国の曲は、曲調も独特で、異国を連想させて面白い。しかし、意外なところにファンがいるもんだと少し驚いた。まあ、最近の米国の曲は、若者には受け入れられても、高齢者にはちと無理なので、頷ける話だけれど。

確かに、言語はわからないから、詞の内容は理解できないが、音楽から、何となくその国の雰囲気はわかる。音楽は国境を越えるとは言うが、まさにこのことを指すのだろう。それは、米国の英語の曲も意味はほとんど理解していないのだし、同じことだ。

ただ、広域放送とはいえ、少し離れると、聞こえない所も多い。でも、ホームページも楽しいので、聞くことが不可能な方は、下記のホームページで雰囲気を味わってください。

|

« もう英会話学習はいらない? | トップページ | 情報判断力と伴食宰相 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もう英会話学習はいらない? | トップページ | 情報判断力と伴食宰相 »