« 事象の大局観 | トップページ | 『四耐』ということ »

2007年12月 6日 (木)

自己評価の難しさ

自分自身を知ることは、なかなか難しい。だから自己評価というのは、なかなかできない。企業においても、自己評価制度なるものを主たる評価制度としている所もあるが、その運用は難がある。

流風の経験でも、会社員時代、自己評価制度があった。ほとんどの人間は、自己を控えめに評価して、厳しい評価を下していたが、明らかに能力の劣る人間が、高い評価をして、それが自動的に認められた時は、多くのブーイングがあった。

もちろん、一部の過大評価した人たちに問題があることは事実だが、自己を過小評価した多くの人間にも問題はある。基本的に、自己評価制度自体を過大評価した会社自体に問題があったという皮肉な結果になった。

自分自身については、よくわかっているようで、その実、わからない。本来、評価というものは、相対的なものだ。それを自分自身で評価すると、どうしても、正確さが欠ける。比較対象が異なれば、その評価は異なってくる。自分より高い人と比べれば、低くなるし、自分より低い人と比較すれば高くなる。

そういうことで、結局、会社では、自己評価も取り入れながら、第三者評価、関連部署評価、結果評価などの総合評価に落ち着いた。だが、これも曲者で、これだと、皆、同じ様な評価になり、区別できなくなる。そういうことで、成果配分も曖昧になった。

ただ、はっきりしたことがある。会社は儲からないと、誰も、たくさん分け前をもらえないということだ。これは自然界と同じことだろう。もし会社が、そういうことを知らしめることを狙っていたとすれば、深謀遠慮だが。

|

« 事象の大局観 | トップページ | 『四耐』ということ »

経営関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 事象の大局観 | トップページ | 『四耐』ということ »