« 大手スーパーの価格凍結を考える | トップページ | 礼と文化の継承 »

2007年12月23日 (日)

三食御飯

最近、お米を買う量が増えている。何と言っても、お米は野菜なのだ!それにヘルシーライフを送りたいのなら、噛まざるをえないお米は確かにいい。パンのように流し込む食品は、ボケを増やすとも言われる。

もっと広い意味では、お米を食べることは、世界の飢えを軽減できる。パンのように二次加工すれば、人が食べられる量が減ることは知られている。

と、いきなり大上段に構えてしまったが、一時、健康のためにと思って、パン食を三食に一回程度、摂っていたのだが、どうも菓子パン類が増えて、健康にあまり良くないようなので、買うのを週1,2回に減らしているのだ。それに小麦粉の値段が上がり、パンの価格も上がり気味なのだ。

そういうことで、御飯を食べる回数が、ここんとこ増えている。そうすると、この一年、体重が減り続けていたのが、持ち直して、やや増えつつある。メタボリック症候群が話題になったが、やや太り気味のほうが体調は良さそうだ。

大体、一回に食べる量は、一合ぐらいだが、医者からは、年齢から考えて食べすぎだと注意を受けるが、一合ぐらい食べないと、食べた気がしない。さすがに昼食だけは、軽く摂ることにしている。

そして、お米は、最近、購入するのは、一応、地産地消ということで、ほとんど兵庫県産米である。県内のいろんな地域のものを購入するが、丹波産が多いかもしれない。

ある地域スーパーから購入している。美味しい方だと思う。しかし、同じ丹波産米でも、全国展開しているスーパーで販売されているのは、微妙に味が異なり、そんなに美味しくない。

同じ地域で生産しても、味が異なるのは、作り方が違うのかもしれない。また土壌が違うのかもしれない。農産物は微妙である。

ただ、地域スーパーまでは比較的遠いので、買いに行くのが億劫だ。配達もしてくれないし。近所の米屋では扱っていないという。一番いいのは、近所の米屋が扱ってくれるのがいいのだが、あまりいろいろ扱えないと言う。さて、今後、どうしよう。

|

« 大手スーパーの価格凍結を考える | トップページ | 礼と文化の継承 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大手スーパーの価格凍結を考える | トップページ | 礼と文化の継承 »