« ゴミと環境問題 | トップページ | 松下が消える »

2008年1月10日 (木)

米粉パンを食べる

最近、米粉パンが注目されている。本来、お米の消費が年々、減っているのに対して、新しい需要開発のために、作られたもののようだ。

ところが、これが意外にも、アトピーとかアレルギーを持っている方には、朗報らしく、米粉パンだと、症状が出ないらしい(あるいは改善される)。ということで、評価されている。

流風は、そういう症状はないが、(今回が初めてではないけれど)久しぶりに試しに食べてみたが、普通のパンと食感は変わらない。むしろ、もちもちとして、なかなかいけると思う。腹持ちもよさそうだ。最近は、小学校の給食でも出しているらしい。

先日のブログで、「三食御飯」を記載したが、やはり三食御飯だと飽きることもある。そういった時、パンはやはり食べたい。米粉パンの利用もいいかもしれない。

ただ、問題点は、米粉加工コストが高いようだ。最近は、下落傾向にあるそうで、さらに需要が高まれば、さらに下がる可能性も高い。

今、小麦粉が上っている。さらに国内産はともかく、輸入小麦粉は、農薬まみれということもよく聞く。それなら、国産米粉利用のパンの方が安全だ。価格が更に下がれば、需要も増えるだろう。

小さい子供さんや、高齢者、アトピー・アレルギー症状のある方には、米粉パンはお薦めかもしれない。ただ、販売店は、近畿エリアについては、下記に示しておいたが、まだ少ない。しかし、ネットでも、販売されているようなので、近くになければ、とりあえず、そういうものを活用してみるのも、いいかもしれない。

|

« ゴミと環境問題 | トップページ | 松下が消える »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゴミと環境問題 | トップページ | 松下が消える »