« 昭和15年頃を描いた映画 | トップページ | 官僚の残業について »

2008年2月 8日 (金)

センシィブな社会

某有名女性歌手の舌禍事件が話題になっている。彼女はラジオで、「35歳を過ぎると羊水が腐る」と言ってしまったようだ。どういう前後関係で、この発言がなされたのかわからないが、これは残念ながら、軽率な発言と言えよう。

飲み屋で、OLがなかなか結婚しない先輩の悪口をこのように言うのは許されるが、彼女のように有名な歌手が、ラジオという公共の媒体で話したのはまずかった。もちろん、関西だけの放送だったら、こんなにも大事にならなかったかもしれない。まさか額面通り受け取る人がいる人はいないだろう。

多くの関西人は、この発言を、普通の感覚のユーモアと捉えるかもしれない。それに彼女のキャラだから許せるという人も多いはずだ。実際、関西では、結婚しない女性に対して、最近のことはわからないが、冷やかして、下町では、よく言われていたことなのだ。彼女も関西出身だそうだ。

そして、それに対して、まともに応える女性はいない。そんな神経では、関西では、生き抜けない(笑)。なお独身男に対しても、「結婚せえへんと、あそこ(性器のこと。もっと、はっきりした言い方だが、ここでは控える)が腐るで」とか言ったりする。

また、女性に対しては、現実的な話として、医療関係者も、女性は35歳以上の妊娠はリスクが大きいことを踏まえて、こういう表現ではないが、同様のことを言われる。実際、35歳以上の始めての妊娠の場合、いろんな障害もあるし、子供もまた障害を抱えて生まれてくることも多いデータをと見せられたこともある。

しかし、放送というマスコミ媒体を通じてということなると、たとえ事実がそうであっても、受け止め方は様々であろう。現在のように超ナイーブ社会では、人の言うことを気にしすぎて、社会の許容度が低下している時代とも言える。

その問題に対しては、ナイーブな人々も多くいることだろう。軽口は、それさえも許されないという人もいるだろう。すなわち、本人が、洒落と思っても、洒落が通用しない人々が多くいるのだ。

それに、今はネットで発言情報が倍加する。有名な人々は発言がより難しくなっている。どういった状況で発言されたかは無視されて、ピンポイントの言動が、物凄いスピードて伝達される時代だ。もちろん、細かいニュアンスは正確には伝わらない。

それが余計にセンシィブな受け手を刺激する。受け手は自分が一番気にしていることに言葉が錐揉みのように刺さって苦痛になってくるのだろう。もちろん、有名タレントに対する嫉妬も、ない交ぜになり、悪い感情が高揚するのかもしれない。やはり有名な人は、発言を慎重にしなければならない。

だが、全ての有名人に言葉狩りしていたら、社会は窒息死してしまう。情報発信者に対して、軽くジャブをすることは必要としても、ストレート、パンチは控えめにした方がいいかもしれない。彼女が正しいとは言わないが、受け手も、軽く受け流す度量も求められる。すなわち、今後も、感受性と鈍感の間で、どう対応するか、受け手の多くの人々にとって、悩ましいことになるであろう。

*追記

言葉狩りの問題は、言論の自由の統制問題につながりかねない。逆に言えば、言葉狩りは、言論統制のためのいい手段になりうる。

だから、マスコミに出る人々は、発言に神経質ぐらいに注意しなければならない。そうしないと、自分の活動だけでなく、もっと大きな問題で、皆に迷惑をかけることになるのだ。

|

« 昭和15年頃を描いた映画 | トップページ | 官僚の残業について »

マスコミ評論及び各種書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昭和15年頃を描いた映画 | トップページ | 官僚の残業について »