« やっぱり国産 | トップページ | 食品産業・飲食産業の経営のあり方 »

2008年2月 2日 (土)

美味しい山の芋

手頃な価格で丹波産の山の芋が入手できたので、料理して頂いた。ただ料理と言っても、下ろし金で摺って、その上に、山葵と鰹節を乗せて、ポン酢しょうゆをかけてみただけだが、非常に美味しい。

また、山の芋は長いもと違い、粘りが物凄くある。摺るのは、長いもと比べて少し大変だが、この粘っこい食感は何とも言えない。それに、小芋、大根、金時人参、揚げを出汁と酒と醤油で煮た物と、豆腐の味噌汁、御飯二膳と大満足。

山の芋は、昔から、精をつけるので喜ばれる。冬は、牡蠣と共に精をつけるのによい。同じく精をつけるものとして代表的なニンニクやニラなどのように匂わないのが助かる。人に会う場合は、これらはどうしても憚られる。ニンニクには、匂わないものもあるようだが、あの匂いこそ、ニンニクの特徴だろう。臭いがないのは、種無しの果物同様、少し無理がある。

更に、この山の芋は、肌にもいいらしい。カサついた肌の女性や高齢者には、是非食べてもらいたいものだ。もう一つのメリットは、夕食に食べれば、よく眠れることだろう。こんなにいい食べ物は、あまりないが、ただ、若い人は、精がつきすぎて困るかもしれない(笑)。まあ、普通の家庭では、家族円満、間違いなし(笑)。

|

« やっぱり国産 | トップページ | 食品産業・飲食産業の経営のあり方 »

医・食・健・康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっぱり国産 | トップページ | 食品産業・飲食産業の経営のあり方 »